「エアコンクリーニングは何年かに一回はやったほうが良いんだろうけど…ぶっちゃけ何年に一回がベストなんだろうね」

 

こんな疑問を持っている方は多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

このサイトでは

 

「エアコンクリーニングは何年に一回やるのが良いの?」

 

という疑問に答えていきます。

エアコンクリーニングは何年に一回やるのが良いのか? 

 

 

結論から言うと…

 

エアコンクリーニングは

 

1〜3年に一回

 

の頻度で行うべきです。

 

 

1年の幅がありますが、これは、「使用頻度」と「使用している環境」によって変わってくるものによります。

 

 

 

1年中フル稼働しているようなエアコンは、使用頻度がかなり多いため、エアコン内部の汚れがその分酷くなります。

 

 

 

あと、一般家庭では考えにくいかもしれませんが、中華料理店、焼き肉屋などをはじめとする飲食関連施設で使われているエアコンだと、煙などの充満した空気の出し入れを頻繁にしていることになるため、使用している環境が一般家庭のエアコンより悪くなります。
よって、その分エアコン内部の汚れが溜まるのが早くなります。

 

 

 

ご自身の使われているエアコンの環境によりますが…

 

エアコンクリーニングは

 

1〜3年に一回

 

の頻度で行うべきです。

なぜエアコンクリーニングは1〜3年に一回やるのが良いのか?

 

 

使用しているエアコンが置かれている環境にはよりますが…

 

「エアコンクリーニングを何年かに一回はやらないといけない理由」

 

は何でしょうか?

 

 

 

それは、

 

「汚れやカビ」がエアコン内部に溜まる

 

からです!!

 

 

「汚れやカビ」がエアコン内部に溜まると実際にどのようなことが起こるのでしょうか?

 

 

 

 

 

エアコンが冷えない、暖まらない

 

エアコン内部に「汚れやカビ」がたまると

 

「エアコンが冷えない、暖まらない 」

 

といった現象が起こります。

 

 

 

ほこりやカビが空気の通り道を塞いでしまうのです。

 

風が出ないわけですから、 エアコンの効きが悪くなってしまうのです。

 

 

 

エアコンからイヤなにおいがする

 

エアコン内部に「汚れやカビ」がたまると

 

「エアコンからイヤなにおいがする」

 

現象が起こります。

 

 

 

エアコンの素材にカビが侵食すると、そこを通る風と共にカビの臭いにおいも一緒に出てきてしまいます。

 

期間が長くなれば長くなるほど臭いはきつくなります。

 

 

 

結果的に

 

「エアコンを使いたいのに臭くなるから使えない…」

 

という事になりかねません。

 

 

 

 

電気代が高くなる

 

エアコン内部に「汚れやカビ」がたまると

 

「電気代が高くなる 」

 

ことになります。

 

 

 

理由は

 

熱交換効率が悪くなり無駄なパワーを使ってしまうからです。

 

 

 

あと、風も出にくくなりますので、ここでも余計なパワーを使います。

 

結果、想定しているよりも電気代が高くなってしまうのです。

 

 

 

 

これらの他にも、色々な不具合が起こる可能性があります。

 

 

 

したがって…ご自身の使われているエアコンの環境によりますが…

 

エアコンクリーニングは

 

1〜3年に一回

 

の頻度で行うべきです。

具体的にエアコンクリーニングはどのようなスケジュールでやってもらえばよいか?

 

 

エアコンクリーニングしてもらいたいけど、どのようなスケジュールで頼めばいいのかな?」

 

と思っている方は多いと思います。

 

 

 

一般的にはどのようなスケジュールでやってもらえば良いのでしょか?

 

それは…

 

春か秋の比較的エアコンのオフシーズンに頼む!

 

のがベストです。

 

 

※ちなみに「冬の暖房はガス器具を使っているので、エアコンは夏しか使っていない」という方は冬に頼むのもよいでしょう。

 

 

 

エアコンがガンガン回っている状況で頼むと、一時エアコンが使えなくなるので、ストレスがたまることになりなりかねません。

 

 

エアコンクリーニングを頼むにも、先々のスケジュールをよく考えてからにすることが大切です。

もし、ずーっとエアコンクリーニングをやらなかったら?

 

 

 

「もし、ずーっとエアコンクリーニングをやらなかったたらどうなるの?」


 

気になりながらも、エアコンクリーニングを怠っている方は実際多いのではないでしょうか?

 

 

 

正直、壊れなければ使えるわけだしw

 

 

 

ただ、それは本当にたまたまなだけです。

 

放っておくと大変なことになります。

 

 

 

エアコンクリーニングをやらなかったたら起こりうることをまとめました。

 

 

 

エアコンが動かなくなる

 

 

長い間エアコンクリーニングをやっていないと、ほこりやカビが空気の通り道を塞いでしまいます。

 

 

そのうち
「電源を入れても冷えない、温まらない」
といったことが起こり、動かなくなってしまいます。

 

動かない状況までいかなくても、強風設定でも弱い風しか来ないとか、風が冷たくならない(暖かくならない)みたいなことは、遅かれ早かれ起こります。

 

まず、可能性の筆頭として、エアコンが動かなくなることが考えられます。

 

 

 

エアコンをつけるとほこりや黒いものが落ちてくる

 

長期間、エアコンクリーニングをしていないエアコンからは

 

「ほこりや黒いものが落ちてくる 」

 

ことがあります。

 

これは、 溜まったほこり、カビ、害虫のフンが降ってくることによるものです。

 

 

 

とても衛生上よくありません。

 

 

 

 

エアコンから汚いものがふってくるという認識をもつと、いてもたってもいられないと思います。

 

 

 

 

 

水漏れがおきる

 

長期間、エアコンクリーニングをしていないエアコンからは

 

「水漏れがおきる 」

 

ことがあります。

 

これは、汚れが ドレンホースに溜まり結露した水が溢れかえってしまうことによるものです。

 

 

※ドレンホースとは エアコン内に溜まった排水を室外の排水溝に届けるホースのことを指します。 ドレンホースは通常4mで設置できますが、室外機の位置が離れている場合には4m以上の長さが必要になります。

 

 

 

 

要は、
「室外に排水しようとした水が逆流して、エアコンから水漏れする」
ということです。

 

 

 

 

 

どれも一発故障に直結するようなことです。
しかも上記のようなことが起きてからのエアコンクリーニングだと、においや汚れが完全に取り切れない可能性もありますし、故障してしまうと直せなくて買い換えないといけなくなるかもしえません。

まとめ

 

 

エアコンクリーニングは何年に一回やるのが良いのかですが

 

結論から言うと…

 

エアコンクリーニングは

 

1〜3年に一回

 

の頻度で行うべきです。

 

 

この年数の幅は、使用されているエアコンの使用頻度や環境によるものです。

 

 

 

「エアコンクリーニングを何年かに一回はやらないといけない理由」

 

ですが、それは、

 

「汚れやカビ」がエアコン内部に溜まる

 

からです!!

 

この「汚れやカビ」を放置してしまうと

  • エアコンが冷えない、暖まらない
  • エアコンからイヤなにおいがする
  • 電気代が高くなる

 

 

 

というようなことが起きてきます。

 

 

この他にも、色々な不具合が起こる可能性があります。

 

したがって…ご自身の使われているエアコンの環境によりますが…

 

エアコンクリーニングは

 

1〜3年に一回

 

の頻度で行うべきです。

 

 

具体的にエアコンクリーニングはどのようなスケジュールでやってもらえばよいかですが、エアコンのオフシーズンにあたる春か秋に頼むのがベストでしょう。

 

 

ちなみに、もし、ずーっとエアコンクリーニングをやらなかったら

  • エアコンが動かなくなる
  • エアコンをつけるとほこりや黒いものが落ちてくる
  • 水漏れがおきる

 

 

 

など、どれも一発故障に直結するようなことが起きる可能性があります。

 

しかも上記のようなことが起きてからのエアコンクリーニングだと、においや汚れが完全に取り切れない可能性もありますし、故障してしまうと直せなくて買い換えないといけなくなるかもしえません。

 

 

繰り返しになりますが、上記のような理由により

 

エアコンクリーニングは何年に一回やるのが良いのかですが

 

結論から言うと…

 

エアコンクリーニングは

 

1〜3年に一回

 

の頻度で行うべきです。